2022.03.29活動報告

「知識集約型社会を支える人材育成事業」 令和3年度成果発信シンポジウム ~社会共創を通した人材育成モデル構築を目指して~の資料及び動画公開

 令和4年3月1日に開催した「知識集約型社会を支える人材育成事業」令和3年度成果発信シンポジウム~社会共創を通した人材育成モデル構築を目指して~の資料及びアーカイブ動画を公開します。下記よりご覧ください。

※チラシはこちらをご覧ください。

1. 基調講演(1)
「知識集約型社会における文理融合教育の意義と価値」
金沢大学長 山崎 光悦

基調講演(1)の資料はこちらをご覧ください。

2. 分科会セッション(★印は座長機関)
分科会1「どのように文理融合・分野横断の学びを展開していくか
    ~自律的な学習者を育てるためのアカデミック・アドバイジング~」
    ★新潟大学・金沢大学・東京都市大学(いずれもメニューⅠ採択校)

新潟大学の資料はこちらをご覧ください。
東京都市大学の資料はこちらをご覧ください。
金沢大学の資料はこちらをご覧ください。

分科会2「出る杭を引き出す」
    ★麻布大学(メニューⅡ)・信州大学(メニューⅠ)・大正大学(メニューⅠ)

麻布大学の資料はこちらをご覧ください。

分科会3「インテンシブ教育の教育効果・メソッドの考究」
    ★早稲田大学・千葉大学・名古屋商科大学(いずれもメニューⅢ採択校)

名古屋商科大学の資料はこちらをご覧ください。
千葉大学の資料はこちらをご覧ください。
早稲田大学の資料はこちらをご覧ください。

3. 基調講演(2)&意見交換
「知識集約型社会を支える人材育成事業への期待と要望」
上智大学特任教授・教育ジャーナリスト 松本 美奈氏

基調講演(2)の資料はこちらをご覧ください。

News一覧へ戻る