2022.03.25お知らせ

『第7回金沢大学高大接続ラウンドテーブル』において,KU-STEAMを紹介しました

 2022年3月25日(金),オンラインにて全国11県の高校生から約20名のエントリーがある『第7回金沢大学高大接続ラウンドテーブル(※)未来へ繋ぐ探求~知識基盤社会で活躍するための探求学習とは~』(主催:高大接続コア・センター)が開催され,クロージングセッションにおいて「融合した専門知と鋭敏な飛躍知を持つ社会変革先導人材育成プログラム」の取り組みについて,金沢大学教学マネジメントセンター 特任助教の山下貴弘がプログラムの紹介をさせていただきました。

 金沢大学へ入学したあとも,探究的な学びを文理融合・分野横断で取り組むプログラムのひとつに,KU-STEAMがあることを伝え,参加者のみなさんへ大学後も活躍する機会があることを伝えました。

※金沢大学高大接続ラウンドテーブルとは

 「先行きの不透明な時代」を生き抜くにふさわしい学力観への質的転換が世界中で差し迫った課題となっています。わが国でも高校教育と大学教育,その接続部分の一体的改革が強く求められています。高校教育に対して従来の学びを課題探究的な学びに深化させる要請が急激に高まっています。大学教育に対しても高校における探究的な学びの成果を適切に評価する入試の創造,高校での探究的学びを引き継ぎ,大学での研究に確実につなぐ改革が強く求められています。

 金沢大学高大接続ラウンドテーブルでは,探究的な学習に取り組んできた高校生や大学生が自己の課題探究の過程,紆余曲折を年齢・立場の異なる多様な聴き手の前で語り,聴き手から評価や質問を受け,それに誠実に答えていきます。その活動を通じて発表者には自己の学びをより高い視点を獲得したもう一人の自己が視る体験をしていただきます。自己を見直し,新たな自己に気づき,より深化した課題を発見してさらに学び続ける動機を獲得する場としたく思います。

 また,共通の課題を多様な立場の人が協働的に探究する体験を通じて,これからの社会の形成者,市民として求められている能力とは何か,それを基礎づける学力とは何かについて共通の合意形成の場となることを期待しています。

 探究的な学びとは?金沢大学高大接続ラウンドテーブルでは年齢・立場の異なる多様なメンバーが一堂に会し,これからの学び,自己の課題発見・課題探求について考えを深めていきます。

出典:金沢大学「金沢大学高大接続ラウンドテーブル」

参考:金沢大学「KUGS高大接続プログラムポータルサイト」

News一覧へ戻る