採択校の取組大正大学

大正大学の取組内容

 「新時代の地域のあり方を構想する地域戦略人材育成事業」は、新時代の地域を牽引するアントレプレナーシップ(新しい価値を創造する思考・行動能力)を身に付けた「地域戦略人材」(多面的な性質をもつ地域の課題解決に向けて異なる専門分野の多様な人材を統合し、調整する新しいリーダー)を育成するための教育プログラムを構築し、建学の理念「智慧と慈悲の実践」と、その現代的理解である「新共生主義」・「地域人主義」にのっとり、地域社会の課題を解決するリーダーの育成を目指します。

 事業の内容として、社会が直面する課題を踏まえ、大学が社会・地域に果たすべき役割や人材育成を明確に設定しながら本学が進めてきた「地域人材育成」を柱とする取組みを基に、これまでの地方自治体や企業等との社会連携の実績を生かした地域連携型教育に加え、学融合・統合型教養教育、クロスディシプリン・学融合教育、アントレプレナーシップ教育、データサイエンス教育などを全学的に展開します。

 また、学生の学修支援・メンタリングに従事するチューターを配置し、チューターと教員の協働による学修支援を実施します。さらに、独自のチューター養成プログラムを開発し、教育プログラムに関わる人材の資質・能力を継続的に養成・開発・向上していきます。

*事業計画実施体制

本事業を全学的に組織的に実施するために総合学修支援機構 DAC を司令塔とします。総合学修支援機構 DAC は、教育組織と事務組織を統合し教職協働を具現化する 「学内第3の組織」 です。総合学修支援機構 DACは学長が機構長であり、本事業の継続的推進を担保する体制としています。また、教育開発のためのラボラトリーを設置し、ラボラトリーでの教育実験とFDへの反映を行います。

*養成する能力・人材像

多面的な性質をもつ地域の課題解決に向けて異なる専門分野の多様な人材を統合し、調整する新しいリーダー

・幅広い文理横断の知識や創造力

・変化に対応する力

・異なる分野のネットワーク結節点となるためのコミュニケーション力等

*地学連携、産学連携

巣鴨全体をキャンパスにする「すがもオールキャンパス構想」の計画の中で、アントレプレナーシップ教育を実施します。また、ソフトバンク株式会社等との産業界との連携を推進します。

本事業に関するパンフレット

        

教育関係者向けパンフレット